校長日誌

大型連休をどう過ごす?

 いよいよ大型連休になります。今年も新型コロナウイルス感染症の影響もあり、自粛生活が求めれています。とくに、ウイルスの変異株は若年層への感染も心配されています。十分に感染予防対策を考えて、行動してください。

 1年生は入学から1か月が過ぎようとしています。少しずつ学校生活へ慣れてきて、疲れも出てくる頃でしょうか。ぜひ、自粛生活ではありますが、この連休でリフレッシュしてください。連休明けには、科目選択や中間考査がありますから、準備も怠らないように。

 2年生はとても重要な期間になるのではないでしょうか。もちろんリフレッシュして欲しいと思っていますが、そろそろ高校卒業後の進路を考え始める時期です。目標が定まれば、これからの1年間の過ごし方が変わりますから。「考える」ことを始めてください。

 3年生はいよいよ具体的な進路先を決めていく時期です。連休明けには進路ガイダンスも予定されていますが、白紙の状態で参加することのないようにして欲しいと思います。「考える」ことが要求される場面です。他人任せにしないで、臨んでください。

 連休中は、新型コロナウイルス感染症の心配もありますが、例年、交通事故や水難事故等も多く発生しています。十分に気を付けてください。

 また、何か悩みを抱えている人は、ぜひ相談してください。相談できる窓口はたくさんあります。心当たりがなければ、緊急連絡用の電話番号にかけても構いません。自分一人で抱え込まないようにしてください。

 最後に、連休明け、生徒の皆さんの元気な顔が見られることを楽しみにしています。

部活動の活躍 ~日頃の活動の成果より~ Part.3

 4月24日(土)に栗橋北彩高校でバスケットボールの関東大会東部予選が行われました。

 男子は1回戦で八潮南高校と対戦し、「最後まであきらめずに戦った(顧問談)」のですが、残念ながら敗退となりました。次の大会に向けて気持ちを切り替え、勝利を目指して練習に励んでほしいと思います。

 女子は同じく1回戦で不動岡高校と対戦し、「点差はついてしまいましたが日頃の練習の成果が見られた(顧問談)」ということで、敗退してしまいましたが、練習の成果が感じられ、次につながる大会となりました。男子同様、次こそはを合言葉に練習に励んでほしいと思います。

部活動の活躍 ~日頃の活動の成果より~ Part.2

 4月25日(日)に陸上競技インターハイ東部地区予選会が越谷市しらこばと陸上競技場で行われました。

 本校3年生の田畑愛海さん(越谷市立栄進中学校出身)が女子走り高跳びに出場し、145cmの記録を残し、県大会の出場権を獲得しました。県大会でも日頃の練習の成果を出し切れるよう頑張ってほしいと思います。応援しています。

部活動の活躍 ~日頃の活動の成果より~

 部活動では1年生の入部もあり、春の大会などに向けて日頃の活動に力を注いでいます。すでに大会を終えて、残念ながら結果につながらなかった部活動もありますが、目標に向けて努力してきたことは必ず成長につながります。次の機会を大いに期待したいと思います。

 その中で週末に行われました春の大会では、日頃の努力を成果に結びつけたうれしいニュースが届きました。

 テニス部では、女子のペア1組が個人戦で東部地区のベスト8に進出し、県大会出場を勝ち取りました。また、女子団体も県大会の出場を決めました。

 また、バレーボール部(女子)も東部地区5位となり、大型連休明けに行われる県大会への出場を決めました。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、各部の保護者の方々の応援にも制限があるのはとても残念なことですが、私も応援に行きたい気持ちをグッとこらえて、生徒の活躍を期待したいと思います。

第1回PTA・後援会理事会

 4月24日(土)に第1回のPTA・後援会理事会が開催されました。

 昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、ほとんどの行事が中止となり、保護者の皆様が参加される機会が失われてしまいました。

 今年度も新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中でのスタートとなります。理事会も感染予防のため、出席された方々には検温や健康観察の御協力を得て、ソーシャルディスタンスをできる限り確保しながらの開催となりました。理事会では、教育活動の報告や昨年度の事業報告、今年度の事業予定などを確認いたしました。その後、各専門委員会で今年度の事業内容や役割などを確認し、5月22日(土)の総会に向けた準備を整えました。

 5月22日(土)の総会は、今後の感染拡大状況によりますが、現時点で学校での集会形式での実施は難しいと判断しております。総会の開催方法について正式に決定いたしましたら、保護者の皆様にはご連絡させていただきますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。

 

離任式

 本日4月23日(金)に離任式を実施いたします。

 新型コロナウイルス感染予防のため、2・3年生は体育館で、1年生は教室でオンラインを活用して実施いたします。

 生徒の皆さんにとって、別れの場でもあり、感謝の気持ちを伝える機会でもあります。離任される先生方の最後のメッセージを生徒の皆さんが胸に刻んでくれることを期待しています。

ゴールデンウイークを控えて

 新型コロナウイルス感染症の防止対策を行いながら、内科検診や就職ガイダンスなどの行事を現時点で進めることができておりますのも、ご家庭のご理解とお子様へのご指導や日々の健康管理によるものと感謝申し上げます。

 さて、ゴールデンウイークを控え、保護者の皆様に向けた「健康管理」についてのリーフレット(県教委作成)が届きましたので、お知らせいたします。

 ご一読いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 【こちらをクリックしてください】 → 【保護者用】ゴールデンウイーク向けリーフレット.pdf

まん延防止等重点措置への対応

 4月20日(火)~5月11日(火)の期間、埼玉県の一部地域に「まん延防止等重点措置」が出されました。今後の感染状況によっては、さらなる厳しい措置が求められる可能性がございます。

 今後の対応ですが、若年層の感染拡大や重症化が懸念されておることから、これまで行ってまいりました感染予防対策をより一層徹底して教育活動を進めてまいりたいと思います。

 予定されております教育活動の計画の変更や中止の判断をせざるをえないこともあるかと思いますが、県教育委員会の指導の下、可能な限り生徒の活動を継続していけるよう努力してまいります。

 御理解と御協力をお願いいたします。

松伏分校との合同新入生歓迎会

 4月9日(金)の午後、本校体育館で新入生歓迎会が生徒会主催で行われました。

 本年度は、新型コロナウイルス感染防止のため、2,3年生は教室でリモートによる参加となりましたが、本年度開校した越谷西特別支援学校松伏分校の新入生も合同で歓迎会が行われました。

 歓迎会では、両校の学校紹介をスライドで紹介したり、担任の先生方へのインタビュー、両校の新入生の代表挨拶など工夫された行事となりました。

新年度のスタートと入学式

 4月8日(木)、令和3年度の第1学期がスタートしました。

 リモートを活用して着任式、始業式を行いました。

 始業式の講話では、新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中でも、できることを考え、工夫しながら前向きに過ごしていくこと、多くの情報があふれる中でも自分自身で「考える」ことの大切さを伝えました。生徒たちの成長に期待したいと思います。さらに、本年度より県立越谷西特別支援学校松伏分校が開校され、両校の生徒が互いに良い刺激となり、ともに学ぶ仲間として尊重していこうと話しました。

 午後からは本校体育館において、第41回の入学式を挙行いたしました。

 普通科119名、普通科情報ビジネスコース40名、音楽科24名の計183名が、新たに本校の生徒として入学を許可され、高校生活のスタートを切ることになりました。

 式辞では、高校3年間を過ごすにあたり、「高い目標をもって、自分の可能性に挑戦する」こと「自分を管理する力と仲間と協調していく力を身に着けること」を期待し、思いやりのある優しさを持った人間に成長をして欲しいということを伝えました。

 新型コロナウイルス感染症の影響もあり、保護者の方は1名のみの参加で実施いたしましたが、よい緊張感を維持しながら無事式典を終えることができました。