校長日誌

1、2年生の進路学習

 3年生の進路決定も本格化し、就職希望者は次々と内定をいただいているとの報告を受けています。上級学校への進学希望者も学校推薦による大学・短大・専門学校への受験も進んでいます。一般受験を考えている生徒も準備を進めているようです。3年生は、高校生活で身につけた知識や人間性等を十分に発揮して、希望している進路先を手にしています。

 1、2年生は、高校卒業後の進路実現に向けて、1つ1つの学習機会を通じて、自己を知り、自信を磨き、社会で貢献できる人材として成長してほしいと願っています。

 10月14日(木)には、1年生は「ビジネスマナー講座」があります。進路学習として位置づけ、外部の講師を招き、社会人になるにあたり何を身につけるべきなのかを講演してもらい、早い段階から進路意識を育てるために実施しています。この講座には、卒業後の就労を目指している松伏分校の1年生も一緒に学習することになっています。

 また、同日、2年生は「生き方在り方講座」を実施し、自己肯定感を高め、将来を見つめ、自発的に進んでいく力を養う機会があります。3年生をむかえるにあたり、自立した社会人を目指すために、改めて自分自身を見つめ、自身の強みに対する自信を深め、進路選択や進路実現に活かしてもらいたいと考えています。