2019年4月の記事一覧

テニス部、男女ともに県大会出場です!

 4月28日(日)、松伏高校を会場に、女子テニスの学校総体東部地区予選会(団体戦)が行われ、三郷高校に熱戦の末2対1で勝利し、県大会出場を決めました。会場にはすでに県大会出場を決めている男子も駆け付け、力強い応援を行いました。男女でつかんだ県大会出場です。

 

生徒たちの活躍を紹介します。

 4月27日(土)、三郷市文化会館で行われた「2019春季高校演劇祭」で、演劇部が「鳥籠の中じゃつまんない」を上演しました。現在、部員が4名と少ないため、無事に上演できるか心配していましたが、始まってみると、全く心配ありませんでした。キャスト2人の演技は、M1やR1グランプリのプロの方のような巧みな話術や絶妙の間で会場を沸かせて、時間を感じさせない圧巻のステージでした。
 また、ナレーションも本格的でした。今後の活躍を期待しています。

    

3年生の進路実現に向けて

 4月25日(木)、3年生対象の進路希望別講演会を行いました。進学、公務員、就職の希望別の講演会と分科会に分かれての説明会です。3年生にとっては、進路決定の参考とするための最後の大きな進路行事です。今後は、具体的な進路先を決めていく段階に入ります。松伏高校は進路指導に定評があり、1年生から3年生まで、綿密な進路プログラムが組まれています。その一つ一つの行事に取り組むことで、進路実現に大きく近づきます。今回も3年生は、とても真剣に取り組んでいました。これからが本当の勝負になります。3年生、目標に向かって頑張りましょう!
 写真は、1枚目が大学・短大・専門学校の分科会の様子。2枚目が就職の講演会の様子。(入退室の練習中)3枚目が音楽大学等の分科会の様子。4枚目が公務員の分科会の様子。(公務員試験問題に挑戦中)

   

生徒たちの活躍を紹介します。

 4月21日(日)、朝8時30分から、ゆめみ野第6自治会の清掃に、軽音楽同好会の生徒たちが参加しました。空き缶やペットボトルなどのゴミ拾いや草取りを地域の方々と一緒に行いました。軽音楽同好会は初参加でしたが、よく頑張りました。地域の方々からもお声をかけていただき、交流も深まりました。ありがとうございました。(写真が撮れず、残念です。)
 同日、田園ホール・エローラで、松伏町制施行50周年記念式典が行われ、吹奏楽部と合唱部が出演しました。吹奏楽部が、開式直前のオープニングセレモニーで演奏し、合唱部が、閉式直前の記念ステージで演奏しました。私も来賓として出席していましたが、他の多くの来賓の方々から「素晴らしかったです。」「感動しました。」など、たくさんのお褒めの言葉をいただきました。

   

かわいいお客さんたちが来ました。

 4月15日(月)、お隣の松伏小学校からかわいいお客さんたちが来ました。毎年恒例になっている屋上見学です。近隣では、松伏高校が一番高い建物ということで、松伏小学校の3年生が見学に来ます。当日は快晴で、薄っすらですが、南側に東京スカイツリーも見えました。子供たちは、見えたものの名称をしっかりプリントに書いていました。
 松伏高校の生徒たちも、かわいいお客さんたちの来校に、あちらこちらで「かわいい」と声があがっていました。

 

御入学おめでとうございます。

 新入生の皆さん、そして、保護者の皆様、御入学おめでとうございます。
心から歓迎いたします。
 松伏高校での3年間、皆さんの夢や希望を実現するために、共に頑張りましょう。
 以下は、式辞として、皆さんに贈った言葉です。

~~~~~~(校長式辞 骨子)~~~~~~

 ただいま入学を許可いたしました、200名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。本校の教職員並びに在校生を代表して、皆さんの入学を心から歓迎いたします。
 また、これまでお子様のことを何よりも大切に慈しみ、深い愛情をもって育ててこられた保護者の皆様、お子様の御入学誠におめでとうございます。
今日の日を迎えるまでには、様々な御心労もあったことと思いますが、お子様の晴れの姿を御覧になって、お慶びもひとしおのことと存じます。
心からお祝いを申し上げます。
 本校は、昭和56年の開校以来、9千名を超える卒業生を社会に送り出してまいりました。普通科と情報ビジネスコース、音楽科の、二学科一コースを有する県立高校として、特色ある、質の高い教育活動を展開しております。進路や部活動においても着実な成果を上げ、生徒一人一人が自信と誇りに輝いております。
また、松伏町並びに地域の皆様から多大な御支援、御協力を賜わり、地元に愛される学校として、大切に育てていただいております。
 さて、新入生の皆さん、皆さんの夢は何ですか。
資格をたくさん取って、その資格を生かす職業に就きたい、音楽の勉強を続けて、プロの演奏家になりたい、大学で教育を学んで、学校の先生になりたい、などといった様々な夢や希望があることと思います。
 しかし、夢を叶えることは簡単なことではありません。皆さんの行く手には、様々な困難が立ちふさがることがあります。
人生は思いどおりになることより、思いどおりにならないことの方が多いものです。
そして、人は、困難にぶつかると、夢を諦めてしまいがちですが、新入生の皆さんは、夢を諦めないでください。諦めず、本気で取り組めば、道は必ず開けるものです。
 私の好きな詩の一つに「本気」という詩があります。
これは、後藤 静香(ごとう せいこう)という方の詩です。
 本気ですれば たいていな事ができる
 本気ですれば なんでも面白い
 本気でしていると だれかが助けてくれる
 人間を幸福にするためにも 本気で働いているものは
 みんな幸福で みんな偉い
というものです。
 本気になれば、たいていな事ができる。言い換えれば、本気になれば、たいていな夢や目標を叶えることができるということです。
 新入生の皆さん、今日から3年間、夢や希望の実現に向けて、共に頑張りましょう。
未来は人から与えられるものではなく、自分で作り出すものです。過去は変えられませんが、挑戦する勇気さえあれば、未来は変えることができるのです。私たちは皆さんと苦労や喜びを共にし、全力で皆さんの力を伸ばし、挑戦する勇気を与えたいと思います。
 新たな「令和」という時代とともに、松伏高校の新しい時代を担う皆さんの活躍を大いに期待しています。
 次に、保護者の皆様に申し上げます。
 松伏高校は、今日からお預かりしたお子様一人一人を大切にしながら、自分に責任をもって、たくましく人生を切り開いていける人、そして心の温かい、人間性豊かな人に成長できるよう、教職員一丸となって、教育活動に取り組んでまいります。
そのためには、保護者の皆様の御協力が何よりも必要であります。学校と家庭とがお互いに信頼し合い、共に手を携えてお子様の成長を支援していくことが求められています。保護者の皆様には、本校の教育活動に対しまして、御理解、御協力を賜わりますよう、心からお願い申し上げます。
 結びに、本日御列席いただきました御来賓の皆様に、改めて感謝申し上げますとともに本校への御支援、御協力をお願い申し上げ、併せて新入生の皆さんが心身ともに健康で充実した高校生活を送ることができるよう心から願って、式辞といたします。
 平成31年4月8日  埼玉県立松伏高等学校長 片野 秀樹

第1学期始業式講話

 平成31年度がスタートしました。今年度もよろしくお願いいたします。
着任式に続いて、始業式と表彰を行いました。春季休業中も生徒の活躍が光りました。以下は、始業式の講話の内容です。

~~~~~~(校長講話 骨子)~~~~~~

 改めまして、皆さん、おはようございます。
 4月1日には、新しい元号として「令和」が発表されました。新しい時代が始まります。心を新たにして、一年をスタートさせましょう。
 今日は、「良い習慣は、才能を超える。」という話をします。私がとても大切にしている言葉です。
この言葉は、佐々木常夫(ささきつねお)さんという方の「働く君に贈る25の言葉」という本の一節にあります。
 皆さんは、どんな良い習慣を持っていますか?
私が心掛けているのは、一歩先の行動をとる習慣です。
具体的には、まず、毎朝、早起きをしています。そして、早目に家を出て、学校に着いたら、仕事の時間になる前に、余裕をもって、その日の準備をしています。
そうすることで、慌てずに一日をスタートすることができています。
早起きをして、早目に家を出て、学校に着いたら、準備をしてから一日をスタートする。たったこれだけのことですが、毎日続けてきたことでミスをする回数が減り、逆に気づくことも多く、私は、大きな自信を得ることができました。
 私の友人の中には、それほど準備をしなくても、物事をそつなくこなせる人がいます。
私が1時間かかることも、友人は半分の30分でできてしまいます。とてもうらやましい限りですが、私には真似をすることができません。一緒にスタートしたら、友人にはとてもかなわないわけです。自信をなくしたことも何度もあります。
そうした経験から、私は、何事も一歩先に行動するようにしてきました。
陸上競技や水泳など、順位を競うスポーツでは、フライングスタートは禁止されています。しかし、毎日の生活では、このフライングスタートは、武器になります。
大切なことは、良い事を習慣にしてしまうことだと思います。
良い習慣は、力になります。
 皆さんは、どんな良い習慣を持っていますか?
 早起きの習慣、はきものをそろえる習慣、あいさつをする習慣、家庭学習の習慣 など、良い習慣と言えるものはたくさんあります。
何か一つでもできることから始めてみてください。
近い将来、皆さんが社会に出たときに、必ず、皆さんの自信や力になります。
今日は、「良い習慣は、才能を超える。」という話をしました。
 終わります。